スニーカーこそが一番!スニーカーを履こう!

おれたちスニーカーズ!

雨天でも安心して履けるスニーカーのタイプとは

雨に濡れた路面は一部大変滑り易くなっているもので、何も注意を払わず走っていたりすると、突然足を滑らせ転倒し、思わぬ怪我をしてしまうリスクが潜んでいます。
天気の良い日に何の問題も無く履けていた靴でさえ、雨の日にはソールの滑り止めが全く意味を成さず、簡単に転んでしまう例もある程です。
これは普段から良く履くスニーカーについても言える事です。
余り凹凸の無いソール、また使い古してすり減ったソールのまま履いていると、そのリスクは更に高まります。
ですからお気に入りのスニーカーは常にソールの状態をチェックしておく他、そもそも滑り易い路面でも強くグリップ出来るモデルを選ぶ事が大切となってくる訳です。
その点、トレイルランニングにも使える様な、アウトドアタイプのスニーカーは雨天時の濡れて滑り易い路面にも大変強く、十分に信頼の置けるモデルとなります。
特殊なソールのパターンがこうした路面でもしっかりグリップしてくれるからです。

スニーカーを雨水の汚れから防ぐための心得

スニーカーは通気性や弾力性に富んでいる構造なので長時間の歩行に適している靴です。
そのため、世代や性別を問わず幅広い層に普及しています。
利用頻度が多い一方で汚れが付きやすく、特に雨水の汚れは生地に染み込んで品質が低下する原因にもなります。
お気に入りの一足を長持ちさせるためには日頃から清潔に扱い、汚れがこびり付かないように気を配ることが大切です。
スニーカーは吸水性を持つ布地を使用していることが多いので、予め防水スプレーなどでコーティングを施しておく必要があります。
雨水は目に見えない微小な汚れが混在しているので、生地に染み込むとそのまま汚れになって浮き出てきます。
生地に染み込んだ汚れは除去が難しいので、事前に予防策を講じることが大切です。
雨水が付着した場合は生地に染み込む前に速やかに拭き取ることで汚れの付着を防ぐことが出来ます。
スニーカーは水洗いが可能な造りの物が多いので、大量の汚れが付着した場合は清潔な水で洗い流してから形を整えて陰干しを行い、殺菌スプレーなどを用いて衛生状態を良好に保ちます。

Valuable information

こだわりの檜風呂

最終更新日:2017/6/15

△ページTOP